メッセージ

神通力・霊能力 修行道場とは、日本仏教ケア協会(Japan Buddhism Take Care Association)が管轄する道場です。

当道場では平成17年(2019年)に発足し、現在までには約1万4千人程度の方へ霊視鑑定してまいりました。

現在は鑑定日時を限定し、年間約400名を超える相談者の方のお悩みを当道場独自開発の霊視により解決へと導いております。
このように多くの方のご相談依頼に対して、私1人では体力的また時間的に限界を超えているのも事実です。

そこで令和4年より、お悩みを抱えている方を一人でも多く救える方を輩出するため、後世にノウハウを残すため、徒弟制度を導入することにしました。

私は霊能力一家の長女として育ってきましたが、その遺伝に頼らず仏教、修験道、スピリチュアルの修行を研究してまいりました。
私自身のお話をすると、霊視の能力は私で四代目となります。
先代が遷化(せんげ)すると同時に、本業の傍ら引き継いだわけですが、
多くの相談者の方々に向き合うと同時にその感性は益々研ぎ澄まされることになったわけです。
そしてその秘伝も伝授できたらと存じます。

神通力・霊能力・法力修行は決して厳しい修行(苦行)が必要なわけではございません。
「神通力・霊能力・法力」を身につけたいという強い意思とノウハウを学習し実践すれば苦行をせずとも、
集中力が身につき、自己の霊性を高め、サムシンググレートとの縁が結ばれ、見えない力(第六感)がついてくるものだと実感しております。

人々の苦しみを取り除く方が1人でも多く増えることを願っております。
神通力・霊力を通して自身やケアや対人をケアをしたい真摯な意欲のある方へ期待の念を送ります。